2020.02.10

吉田麻也、サンプドリアへ移籍して
すぐにイタリア語で取材陣を笑わせる

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 冬の移籍期限最終日、吉田麻也の移籍が発表された。プレミアリーグのサウサンプトンから、セリエAのサンプドリアへ。2010年1月、オランダのVVVフェンロから始まった吉田の欧州チャレンジは、3つ目のステップへと歩を進めた。

 加入から2試合目となる2月8日のトリノ戦でベンチ入り。前半、後半ともにウォーミングアップに姿は見せたが、さすがにディフェンダーを変える雰囲気にはならなかった。後半34分、1-3とリードを広げた時には、「たとえ5分でもチャンスがあるか……」と吉田自身も期待したそうだが、「堅いですね、イタリアはやっぱり」と、不用意な選手交代などでピンチを招かない手堅いイタリアのサッカー、そしてクラウディオ・ラニエリ監督の采配を、肌で感じ取ったようだ。

トリノ戦をベンチから観戦する吉田麻也(サンプドリア) 試合後には、出場がなかった選手たちで約20分間、汗を流した。ピッチ上で軽いジョグからダッシュまでを行ない、体に刺激を入れる。走り終わった直後、汗をダラダラ流した状態で取材に応じた。