2020.02.04

本田圭佑を迎えるボタフォゴの思惑。
ブラジルでは熱狂と疑念が待つ

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳translation by Tonegawa Akiko

 本田圭佑がボタフォゴにやって来るかもしれない。ブラジルでそのニュースが流れると、ボタフォゴサポーターは大いに盛り上がった。

 ボタフォゴはリオデジャネイロの4大チームのひとつだ(他はフラメンゴ、フルミネンセ、バスコ・ダ・ガマ)。1894年に創立された歴史あるチームで、ブラジルのサッカー史上三本の指に入る選手、ガリンシャがプレーしたチームでもある。そして何より、サポーターの数が多く、熱いことで知られている。

 しかし、最近のボタフォゴの成績はパッとしない。2部リーグに降格しないための戦いを強いられている。昨シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)で20チーム中15位。サポーターはチームを大きく変えるような出来事を望んでいた。

リオデジャネイロのショップに並ぶ本田圭佑のユニフォーム 本田加入の可能性が流れると、ボタフォゴサポーターはSNSを中心に一気に盛り上がった。ポルトガルや英語のみならず、日本語でも本田を歓迎する投稿が相次いだ。ボタフォゴの年間シートはこの5日間で3500増加。チームは本田の到着に合わせて特別なユニフォームを作ると発表した。すでに本田の背番号「4」のユニフォームは売り出されており、リオ中心部にあるボタフォゴのオフィシャルショップでは売り切れになっている。