2019.02.15

内田篤人の轍を踏まないために。
大迫勇也をめぐるクラブと代表の関係

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Fujita Masato

 アジアカップからドイツに戻ってきた大迫勇也のケガの状態があまり芳しくなく、ブレーメン側は驚きと怒りを露にしたという。

 アジアカップ後にチームに合流し、最初のブンデスリーガの試合となった2月10日のアウクスブルク戦。大迫は負傷のためにメンバー外となった。その試合後の記者会見で、大迫について質問されたフロリアン・コーフェルト監督が答え、それをビルト紙が大きくニュースにした。

 ビルト紙は「コーフェルト監督が日本サッカー協会に怒り」というタイトルで記事を掲載している。

「(フロリアン・)カインツは売ってしまった。(マルティン・)ハルニクもケガをしている。(ミロト・)ラシカもケガだ。今、大迫が重要な存在だ。だが、アジアカップから戻ってきた彼は背中を負傷している」という書き出しで始まり、コーフェルト監督の「彼がプレーできない状態で戻ってきたことに驚いている。近いうちに日本サッカー協会と話し合わなくてはいけない」というコメントを載せている。

アジア杯決勝後、ブレーメンの試合で欠場が続いている大迫勇也 ただ、大迫はアジアカップで全7試合に出場したわけではない。フル出場したのは初戦のトルクメニスタン戦と、準決勝イラン戦、決勝カタール戦の3試合のみ。オマーン戦、ウズベキスタン戦、サウジアラビア戦の3試合はまったくプレーせず、準々決勝ベトナム戦では72分から出場している。本当に必要な試合で起用されたということだろう。また、アジアカップ中は、ケガは右臀部痛と説明されていた。ブレーメン側が言っている背中ではなかった。