2019.01.21

打診は多数も、岡崎慎司は
「優勝メンバー」ゆえに移籍交渉が難航

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 1月19日に行なわれたウルバーハンプトン・ワンダラーズとのプレミアリーグ第23節で、レスター・シティのFW岡崎慎司は2試合連続となるベンチ外となった。

 レスターとの契約期間が残り半年となった岡崎が、今冬の移籍期間で退団を希望しているのは、報道で広く伝えられているとおり。ここまで、リーグ最下位に沈むハダースフィールド・タウンからオファーを受けたが、所属先のレスターはこれを拒否した。英メディアによると、カーディフ・シティとフラムからも関心を示され、残留を争うクラブを中心に複数のクラブから打診がある状況だ。

移籍を希望している岡崎慎司はまたもベンチ外となった そんな岡崎を2試合連続となるメンバー外とした理由について、クロード・ピュエル監督は次のように話した。

「シンジ? この前の試合でメンバー外となったのは、選手間の競争によるもの。しかし、今回はケガを抱えていた。小さなケガで、股関節を痛めた。重症ではない」

 今回は股関節のケガを理由にベンチ外にしたというが、状況が状況だけに、どうしても言葉どおり受け止めることはできない。はたして、本当に負傷しているのか? そんな疑念すら湧いてしまった。

 事実、試合前の定例会見で、岡崎の去就について質問を受けた指揮官は、「シンジに満足している。彼はチームの一員だ」とコメント。重要なメンバーと強調する一方で、ケガに関する言及はなかった。

 その真偽のほどはさておき、レスターが岡崎の放出を渋るのには理由がある。ひとつは、レスターのシビアなマネジメントだ。戦力外の選手であっても安価で売却しないポリシーを貫いており、実際、今季リーグ戦で2試合しか出番のないポルトガル代表MFアドリエン・シウバは飼い殺しが続いている。つい先日も、A・シウバの父親がレスターの姿勢に激怒し、遺憾の意を表明したばかりだ。

 フランス発の報道によれば、ようやく今冬の市場でフランスのボルドーへレンタルに出される模様だが、古巣のスポルティング・リスボン(ポルトガル)やフェネルバフチェ(トルコ)のほか、イタリアやスペインからも打診を受けていた。複数のオファーがありながら「レンタル」で放出が決まりそうなのは、おそらくレスターが設定する移籍金額にオファー額が届いていないからだろう。