2019.01.09

CL決勝トーナメント展望。3連覇中のレアルを止めるクラブはどこか

  • photo by Getty Imeges

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.54

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回はゲストに南米サッカーの達人、亘崇詞(岡山湯郷ベル監督)が参戦!
(前回の記事はこちら>)

――ここまで、南米サッカーに詳しい亘崇嗣さんをゲストに迎えて今シーズンのチャンピオンズリーグのグループステージをレビューしていただきましたが、今回はラウンド16の8カードのなかから、みなさんに注目カードをピックアップしてプレビューしていただけたらと思います。

レアル・マドリーからユベントスに移籍してCL優勝を目指すロナウド

倉敷 12月17日に行なわれた組合せ抽選によってラウンド16の8カードが決定したわけですが、まずはその8カードを整理していきたいと思います。2月12日にファーストレグが行なわれる2カードが、ローマ対ポルト、マンチェスター・ユナイテッド対パリ・サンジェルマン。翌13日にはトッテナム対ドルトムント、アヤックス対レアル・マドリーが行なわれます。そして翌週2月19日にリヨン対バルセロナ、リバプール対バイエルン、翌20日に残りの2カード、アトレティコ対ユベントス、シャルケ対マンチェスター・シティが行なわれることになりました。

 さて、このなかからそれぞれが注目しているカードを挙げてもらいたいと思いますが、まずは中山さん、どのカードをピックアップしていただけますか?

中山 一般的にはアトレティコ対ユベントス、リバプール対バイエルンあたりがビッグマッチとして注目を浴びるとは思いますが、僕は敢えてユナイテッド対パリを注目カードとして挙げさせていただきたいと思います。

倉敷 この両チームは初対戦なんですね。今回のラウンド16の中で唯一の初対決という点でも興味深いです。

中山 はい。これまでパリはくじ運に恵まれていませんでしたが、このカードが決まったときは、ユナイテッドのチーム状況を考えるとパリにとってはラッキーな抽選結果になったと思ってみていました。ところが、その直後にユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の解任が発表され、暫定監督としてオーレ・グンナー・スールシャールが今後の指揮を執ることが発表されました。

 こうなると、ユナイテッドが2月の対戦までにどのように変化するかで、予想も大きく変わってきます。パリにとっては、冬の移籍期間の動きも含めてまったく油断ができない状況になったと言えるのではないでしょうか。もちろんユナイテッドが新監督の就任によって極端に強くなることはないと思いますが、もともとタレントは揃っていますから、勢いに乗ったら何が起こるかわかりません。実際、モウリーニョが去って風通しがよくなったのか、チームの調子も上向きになっています。

 とくにスールシャールは現役時代にバイエルン相手に奇跡の逆転優勝を果たしたときのメンバーですし(1998-99)、今度は監督として奇跡を起こすなんてことも考えられます。