2018.12.29

プレミア前半戦終了→三つ巴のV争い。
クロップから「予言」も飛び出る

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 プレミアリーグは、シーズンの折返し地点となる第19節を終えた。

 昨シーズンの主役は、マンチェスター・シティだった。得点数&失点数ともリーグトップの数字を叩き出し、まさに圧倒的な強さで戴冠まで登りつめた。

前半戦無敗のリバプール守備陣を統率するフィルジル・ファン・ダイク 実際、シーズン前半戦の時点で決着はついていた。第19節終了時で「18勝1分」の驚異的な結果を残し、2位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点で13ポイントもの大差をつけた。そのまま走りを止めることなく後半戦も突っ走り、プレミア史上初となる「勝ち点100」の大台を突破して頂点に立った。

 それゆえ、今季も連覇は固いのではないか――。開幕前の下馬評ではそんな声も多く聞かれたが、彼らに代わって主役に躍り出たのは、在任4季目のユルゲン・クロップ監督率いるリバプールであった。

 リバプールの強さは、数字が証明している。

 シーズン前半戦を「無敗」(16勝3分)で折り返したことも特筆に値するが、とくに注目したいのが失点数だ。昨シーズン同時期の「23失点」から、今シーズンは「7失点」へ大幅に減少。しかも、7失点は堂々リーグトップの数字だ。これまでウィークポイントだった守備力が、ストロングポイントへと大きく様変わりしたのは、リーグ首位に躍り出る原動力となった。

 なかでも、GKアリソン・ベッカーの前方を、CBのフィルジル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスで固める守備ユニットは抜群の強度を誇った。昨シーズンまで守護神を務めたシモン・ミニョレとロリス・カリウス(現ベシクタシュ)は不用意なミスばかり目立ったが、ブラジル代表GKのアリソンは鋭いセーブで幾度となくピンチを救った。

 また、力強い守備で最終ラインを支えたファン・ダイクも躍進の立役者。英紙『タイムズ』の記者7人が選ぶ「前半戦のMVP」に4人の投票を集めるなど、オランダ代表DFはプレミアを代表するCBへ進化した。