2018.12.19

アーセナル撃破に吉田麻也も歓喜。
新監督の戦術に「やりがいがある」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 3バック中央での役割も、ヒューズ前監督時代とは異なるという。

「3バックはスライドする動きをかなり求められていて、運動量が必要になります。僕のとなりでプレーするCBも運動量を求められているけど、彼らよりも予測や読み、カバーする動きを自分は求められている。常にアンテナを張り続けてプレーをしなければならないので難しいが、やりがいはすごくあります」

 前節カーディフ戦では4バックが採用されたため、吉田はベンチスタートにまわった。しかし、試合前の1週間でトレーニングを積んだ3バックシステムのなかで先発に復帰。吉田としても、このアーセナル戦は新監督にアピールする大きなチャンスだった。それだけに、アーセナルを撃破した意味は非常に大きい。

「新しい監督のもと、前回のカーディフ戦は試合まで時間が短かったが、新しいスタート、いいスタートを切らないといけなかった。初めが何事も肝心で、(自分としても)いいパフォーマンスで監督にアピールしないといけなかった。前回の試合はサブで出られなかったので、このチャンスを絶対に生かさないといけないと思っていた。何とか結果が出てよかった」

 そう言うと、吉田は「また試合のビデオを見直して、自分のプレーを改善したい。チームとしても、必ずよくなると思う」と力を込めた。

 新しい監督のもと、新たなスタートを切ったサウサンプトン。そのなかで吉田も、チームとともに前進していこうと決意を固めていた。

関連記事