2018.12.19

アーセナル撃破に吉田麻也も歓喜。
新監督の戦術に「やりがいがある」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 試合終了のホイッスルが鳴ると、サウサンプトンの選手たちは一斉に歓喜の雄叫びを上げた。

 12月16日に行なわれたサウサンプトンvsアーセナル戦。成績不振を理由にマーク・ヒューズ監督を解任し、オーストリア人のラルフ・ハッセンヒュッテル監督を新たに招聘したサウサンプトンが、再スタート2試合目で強豪アーセナルを3-2で下した。

3カ月半ぶりのリーグ戦勝利に笑顔を見せる吉田麻也 ただし、ここまでの道のりは苦難の連続だった。ヒューズ前監督のもと、9月1日のクリスタル・パレス戦を最後に呪われたように勝てなくなり、11戦未勝利という不名誉な記録を打ち立てた。

 プレミアリーグ第15節まで奪った勝利はわずか「1」で、順位も降格圏の18位──。「無策」としか言いようのない采配があまりに多かったヒューズ監督の解任は、至極当然の決断だった。

 そして、ハッセンヒュッテル監督の初陣となった前節のカーディフ戦も、就任発表から3日しか時間がなかったこともあり0-1で敗れた。未勝利を12試合に延ばし、暗いムードを払拭することができなかった。

 こうして迎えたアーセナル戦。サウサンプトンは2度にわたりリードを奪うも、その度にアーセナルに追いつかれるという苦しい状況に陥った。しかし、残り時間5分のところで劇的な決勝ゴールを奪取。このまま3-2で逃げ切り、約3カ月半ぶりに国内リーグ戦で勝利を掴んだ。

 出口の見えないトンネルをようやく抜け出した選手たちは試合後、まるでタイトルを獲得したかのように飛び上がって勝利を祝福。輪になって健闘を称え合うと、走り寄ってきたハッセンヒュッテル監督もその輪に加わり、選手ひとりひとりと抱擁を交わしていった。

 この勝利で、サウサンプトンは降格圏を脱出。ヒューズ前監督時代には見えなかった一体感が、サウサンプトン一行から伝わってきた。

 3バックの中央センターバックとして先発フル出場した吉田麻也も、勝利の意義は大きいと話す。