2018.11.12

岡崎慎司もオーナーを追悼。
「同じアジア人として尊敬できた」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 11月10日のレスターは、タイ人オーナー・ヴィチャイ氏の追悼ムード一色に包まれた。

 ヘリコプター墜落事故により、ヴィチャイ氏を含む5人の搭乗者が亡くなったのは先月27日のこと。2010年に当時2部に在籍していたレスター・シティを買収したヴィチャイ氏は、レスターの街と二人三脚で歩み、2015-16シーズンに「奇跡のリーグ優勝」を成し遂げた。それだけに、オーナーを含む搭乗者全員の死亡が確認されると、レスターの街は悲しみに沈んだ。

岡崎慎司らは追悼メッセージがプリントされたシャツを着て試合に臨んだ まさかの出来事に動揺したのは、選手たちも一緒だった。

 ヘリコプターに乗り込もうとするオーナーを見送ったGKカスパー・シュマイケルは、墜落していくところを目撃したという。前節のカーディフ・シティ戦で、デンマーク代表GKは人目もはばからず涙した。

 事故当日の様子を、在籍4季目の岡崎慎司は次のように明かす。

「『ヘリコプターが墜落したみたいだ』と、みんながパニックになった。『本当に現実のことなのか?』って。(チーム内で)グループのLINEみたいのがあって、みんなが『情報を教えてくれ』って感じになった。そして、後日そういうこと(=5名の搭乗者が亡くなった)がわかって……」

 岡崎曰く、オーナーは「誰からも愛された人だった」という。

 ヴィチャイ氏は英2部時代にレスターを約3900万ポンド(約57億円)で買収し、その際にクラブが抱えていた約1億ポンド(約147億円)の負債を肩代わりした。さらに、的確な選手補強と投資でチームを着々と強化し、6年後にはプレミアリーグの頂点まで導いた。

 1970年代に活躍したクラブOB、73歳のアラン・バーチェンオール氏が「ヴィチャイ・オーナーがいなければ、何も起こらなかった。彼が我々の夢を叶えてくれた」と語っていたように、ヴィチャイ氏なくしてレスターの奇跡の優勝はありなかっただろう。

 また、ヴィチャイ氏はレスターの街で積極的に慈善活動も行なっていた。市内に新設された児童病院に200万ポンド(約2億9000万円)、レスター大学の医療部門に100万ポンド(約1億5000万円)、さらに市内の医療施設に100万ポンドの寄付を行なっていたことが、事故の後に明らかになった。サッカーだけでなく、地域貢献にも力を入れていたのだ。