2018.11.10

PSGが驚異の開幕12連勝。
トゥヘル監督の「アメとムチ」が絶妙すぎる

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 2011年夏にカタール資本となって以来、7シーズンで実に5度のリーグ優勝を誇るフランスの絶対王者パリ・サンジェルマン(PSG)。シーズン開幕前に優勝候補筆頭と評されるのは、もはや近年の恒例行事になりつつある。だが、それでも監督交代や目立った補強がなかった今シーズンは、さすがに独走優勝は難しいと見る向きもあった。

今シーズンからPSGを率いているドイツ人のトーマス・トゥヘル監督 ところが、いざフタを開けてみると、主力選手がロシアW杯の影響で合流が遅れたにもかかわらず、開幕から11月2日のリール戦まで破竹の12連勝を記録。これは、1960-1961シーズンにトッテナム・ホットスパーがイングランドで記録した開幕11連勝の偉業を塗り替える快挙であり、ヨーロッパ5大リーグでは前人未到の大記録となった。

 もちろん、他の4リーグと比べて競争力で劣るリーグ・アンの話ゆえ、過大評価は禁物かもしれない。しかしその一方で、年間勝ち点96ポイント計102ゴールを記録し、独走優勝を果たしたクラブ史上最強と言われる2015-2016シーズンのチームでさえも成し得なかった開幕12連勝は、現在のPSGの強さを象徴する記録であることは間違いない。

 その要因のひとつが、今シーズンからチームを率いるドイツ人トーマス・トゥヘル監督のマネジメント力だ。

 そもそも新監督就任が発表された時点から、フランス国内ではビッグクラブを率いた経験のないトゥヘルを疑問視する声が多かった。これは、同じ境遇でチームを任されたスペイン人ウナイ・エメリ前監督の失敗を経験したからこその見方であり、スター選手が揃うPSGを率いるにあたり、選手を徹底管理するトゥヘルの手法がマッチするはずがない……と思われたのも当然だろう。

 そんななか、当の本人はエメリを反面教師にするがごとく、大方の予想に反して柔軟な姿勢でチーム作りに着手したのだった。

 トゥヘル自身の強い要望から、就任直後にネイマールと個別会談を持ったことは有名な話。実際にチームを率いるようになってからも選手との対話を欠かさず、自分の指導スタイルにいい意味で妥協しながら「アメとムチ」を使い分けることによって、見事に求心力を高めることに成功している。