2018.11.09

異能の人・小林祐希が語る
「サッカー、農業、美容サロン、麻雀」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao

 オランダ3年目のシーズンを迎えている小林祐希。ロシアW杯出場こそ逃したものの、所属のSCヘーレンフェーン(オランダ)ではテクニックと戦術眼に優れるMFとして高い出場率を誇り、不動の地位を築いている。現在リーグ戦9位で上位をうかがうヘーレンフェーンは11日、堂安律が所属するフローニンゲンと対戦する。

 一方、小林はピッチ外でも、日蘭で会社を設立するなど、周囲に流されない独特な発想を持ち、企業家としての道も歩み始めている。

 昨年9月、東京ヴェルディのジュニアユースとユースで同期だった高野光司(東京V、ギラヴァンツ北九州などでプレー後、2016年に引退)とともに立ち上げた会社は創立1周年を迎えた。昨年は岐阜県飛騨高山の酒蔵と組んで日本酒をプロデュースすると、9月には山形県南陽市で生産された有機栽培米の販売をスタートさせた。また、今年2月にはアムステルダムで美容サロンをオープン。今後は日本にも出店の予定があるという。

アムステルダムに開店した美容サロンの前に立つ小林祐希 photo by Kurihara Masao 現役プロサッカー選手と企業家というふたつの顔を持つ小林はどこに向かっているのか。その目指すべき道について聞いた。

――現役のサッカー選手がビジネスを行なうことには賛否ありますが、起業したきっかけは何だったのですか?

「一番のきっかけは光司が現役を引退したことです。ずっと仲間だった選手が引退すると聞いて、それで『さよなら』じゃ寂しいじゃないですか。今後も仲間でいられるためにはどうしたらいいかと考えたら、一緒にビジネスをやるのが一番いいかなと思ったんです。

 サッカー選手の引退後の道として指導者や解説者などがありますが、そうした仕事に就けるのは一部の人だけ。そんな状況で、一緒にサッカーをやってきた仲間が『あの人、サッカー選手だったけど、プロではダメだった』とか思われることを想像したら、何とかできないかという気持ちが沸いてきたんです。