2018.11.02

乾貴士、フェイクニュースに反論。
「記者も間違いを認めてくれた」

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Getty Images

 ベティスで定位置獲得に向けて奮闘している乾貴士にとって、それは寝耳に水の報道だった。ベティスで思うように試合に出場できていないことから、「乾は古巣エイバル復帰を希望しており、そのことをキケ・セティエン監督に伝えた」と、日本のサッカーメディアがスペインの情報をもとに伝えたのだ。

 これに対して乾はツイッターに、そのニュースは「スペインメディアの虚言である。セティエンに対してそんな話はしていない。批判は受け入れるが、事実でないことをあたかも事実のように話されることは我慢できない」とのメッセージを書き込んだ。

国王杯ラシン・サンタンデール戦に先発、78分までプレーした乾貴士 11月1日に行なわれたスペイン国王杯2回戦、ラシン・サンタンデール戦。試合後、乾は、情報元となったメディアからはすでに謝罪があり、「訂正記事を掲載してくれると話してもらった」と笑顔で話している。そしてツイッターでのメッセージは、事実と違うことをまるで事実のように話され、信じる人が出てくることを危惧してものだと語った。

「事実と違うことなので。ここ(ミックスゾーン)で言おうかなとも思ったけど、自分の口から直接言ったほうがはっきり伝わるかな、と。けど、その記事を書いた方も謝ってくれた。そういうことをしてくれるなら全然、問題ない。違っていたということを認めてくれた、それを記事にしてくれると言ってもらっている。いろいろあると思うし、書かれることは仕方がないと思う。だけど、事実と違うことは違うと言いたいところはあるので、ちょっと言わせてもらいました」

 ここ最近、スペインでプレーする日本人に関して、現地発のニュースを日本語に翻訳するだけならまだしも、ページビュー数を獲得するために煽るような見出しをつけているケースが目立っている。