2018.09.26

大迫勇也は監督からの信頼度抜群。
病み上がりでも「出場時間延長」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 この日、大迫がプレーしたのは、4-4-2で中盤をダイヤモンド型にしたシステムのトップ下だった。

 コーフェルト監督は、対戦相手によってシステム変更を大胆に行なう。第2節フランクフルト戦は4-3-3。続くニュルンベルク戦は、その4-3-3を踏襲しながら、3トップというよりもサイドが中盤に吸収される4-5-1。そしてこの日は4-4-2。試合中にシステムを変えるのではなく、試合ごとに異なるシステムを使い分けている。そして大迫は開幕戦で3トップの右、第2節、第3節では左、そしてこのヘルタ戦では中央のトップ下と、試合ごとに違う役割を要求されている。

「あそこで受けてしっかり起点をつくることをミーティングからも言われていたし、トップ下で1対1に勝てればチームとしてもいい攻撃ができるし、そこでマックス(・クルーゼ)と絡めばもっと面白くなると自分で感じていましたけど、それが出せた試合かなと思います」

 トップ下は大迫の視野の広さ、器用さ、1対1の強さが全面に出るポジションでもある。実際、指揮官もそのプレーを高く評価したからこそ、「あと少し」と言いながらフル出場させたのだろう。

 大迫は、試合ごとのさまざまな変化を楽しんでいる。

「面白いです。新鮮です、すごく。いろいろなやり方が各試合であるし、そのなかでしっかりと芯となることがあるので、ブレずに、フォーメーションが変わっても柔軟に対応していく。可能性をすごく感じています、今」