2018.08.29

強い後悔に駆られた夜に武藤嘉紀は決意。
「間違いは、もう犯さない」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 ウォームアップ中の武藤嘉紀にベンチから出番の声がかかったのは、チェルシーに先制点を奪われた直後の79分のことだった。

 この日のニューカッスル・ユナイテッドは、ホームゲームでありながら5-4-1の超守備的な布陣を採用。5DFと4MFの2ラインを自陣深い場所に敷き、チェルシーに攻撃スペースを徹底して与えない戦術を用いた。

ベンチスタートの武藤嘉紀は79分にようやく出番がやってきた また、攻撃もロングカウンターに狙いを定めた。ひたすら自陣で敵の攻撃にたえ、ボールを奪えばカウンターにかける──。ラファエル・ベニテス監督らしい手堅い戦術で、強豪チェルシーを相手に76分まで0-0で持ちこたえていた。

 ところが、武藤の投入の3分前に均衡が破れる。ニューカッスルがPKを与えて失点。1点を追いかける立場になると、ベニテス監督はベンチスタートの武藤を素早く投入した。DFの枚数を1枚減らし、代わりに武藤を投入して4-4-1-1にシステムを変更したのだ。

 陣形を前方に押し上げたニューカッスルは、ここからゴールを狙っていく。積極策が奏功し、試合終了2分前にニューカッスルが同点弾を奪取。しかし、試合終了直前にチェルシーに決勝弾を浴び、1-2で敗北を喫した。

 試合後、武藤は同点に追いつきながらも決勝ゴールを許したチームについて、「チームのもろさが感じられた。本当にもったいない」と唇を噛んだ。さらに、同点にした後にチームとして追加点を獲りにいくか、そのまま引き分けを狙うのかが「はっきりしなかった」と言い、「もう1点、獲りにいくべきだったのかな」と反省を口にした。

 武藤としても、難しい試合であった。チェルシーのしっかりとした守備組織を前に、ボールに触る機会は少なかった。ベンチスタートだったことにも、「やっぱり自分の状態がいいだけに、最初から出られないという悔しさは、もちろんあります」とコメント。