2018.08.26

ブンデス開幕。大迫、原口、浅野は
落ち着いて新天地に適応する

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ブンデスリーガ2018-2019シーズンが開幕した。ブレーメン対ハノーファーでは、日本人3選手が新天地での開幕戦を迎えている。

 この試合で先発したのはホームチーム、ブレーメンの大迫勇也と、ハノーファーの浅野拓磨。ハノーファーで背番号10を背負うことになった原口元気は、太ももの負傷から復帰したばかりで、ベンチスタートとなった。

ハノーファーとの開幕戦にフル出場した大迫勇也(ブレーメン) 試合自体は、3人とも口を揃えたように「開幕戦らしい固い展開」となった。黒星発進だけはしたくない。両チームともそんな思いが伝わってくる守備的な戦いを見せた。大迫、浅野ら攻撃陣にとっては、難しい時間帯が続いた。

 浅野も大迫も、練習試合や先週末のドイツ杯で得点をしており、好調さをアピールしていた。その結果が開幕スタメンにつながったわけだが、そこで見られたようなスムーズなパスが回ってこなかった。

 4-3-3の3トップの右で先発した大迫だが、ブレーメンは中盤でのパス回しに終始。ゴール前へのスイッチが入らず、大迫のボールタッチ自体も少なかった。

 ハノーファーは4-4-2。プレシーズンには、ボランチが展開してサイドを使い、速いボールを前線の浅野へ送る形が見られたが、やはりこの日はボールを保持することができず、思うような形につなげられなかった。

 0-0で迎えた61分には、原口がピッチへ入った。左MFに入ると、浅野に縦パスを供給したシーンもあったが、タイミングが合わなかった。浅野のスピードを生かそうとした強めのパスだったが、「疲れていたのか、ボールを触りたかったのか」(原口)、浅野は足元で受ける形になり、チャンスを逃した。