2018.08.19

乾貴士、デビュー戦完敗も、
「自分が生きるポジション」をゲット

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Getty Images

 終わってみれば完敗だった。

 乾貴士にとって新天地でのホーム開幕戦、ベニト・ビジャマリンで行なわれたベティス対レバンテは0-3でレバンテが勝利を収めた。昨シーズン、バルセロナの連勝をストップした勢いをそのままに、アウェーチームの堅守速攻が光った試合だった。

 試合はベティスのペースで進んでいたはずだった。3-5-2と中盤を厚くしたシステムがはまり、敵陣でプレーをし続けて主導権を握っていた。だが、サッカーはゴールを決めたチームが勝つスポーツ。ボールを保持しながらもエリア内に入ることができずにいたベティスよりも、数少ないチャンスをしっかりとものにしたレバンテが、気づいたときには勝利の女神の笑みを勝ち得ていた。

レバンテ戦の後半66分からピッチに立った乾貴士(ベティス) 乾がピッチに立ったのは後半66分。ウィリアム・カルバーリョと代わり、4枚を横に並べた中盤の真ん中左でプレーをした。プレシーズンマッチでもプレーしたことのないポジションだったが、試合後のミックスゾーンで、自らそのポジションでプレーしたいとスタッフに直訴したことを明らかにした。

「前でもいいんですけど、(相手DFを)背負ったりしないといけないので、それは俺にはできないかな、と。そうなると厳しくなってくる。そういうところ以外にも、interior(インテリオール=中央の攻撃的MF)のポジションを勉強していきたいというのがある。30歳にもなりましたし、そういうところでのほうが、自分のこれから先を考えるといいんじゃないか、と。それも話をしたし、自分が一番生きるポジションじゃないかなと思う」