アルゼンチンは「監督シカト作戦」で
復活へ。南米勢の逆襲なるか?

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 今回のコロンビアは、決してロシアに遊びに来ているのではない。彼らは本気でタイトルを狙っている。それはグループリーグの戦いぶりからもうかがえた。日本戦は10人になったとはいえ、最後までよく戦った。首位で通過し、決勝トーナメントでは南米チームで唯一、強豪ひしめく"死の山"から逃れたことも、大きなアドバンテージだ。コロンビアは現実的に優勝を狙えるチームであると思う。

◆杉山氏は西野采配を支持。ベスト8進出の可能性は過去2回より高い>>>

◆露呈した限界。「乾、香川からのアドリブ」が西野ジャパンの戦術だった>>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る