2018.07.01

進撃のクロアチア。忖度しない
監督が注入した熱いスピリットで戦う

  • ズドラフコ・レイチ●文 text by Zdravko Reic 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 クロアチアサッカー史上初のW杯グループリーグ3連勝。それもリオネル・メッシを擁する優勝候補アルゼンチンに3-0で大勝しての決勝トーナメント進出だ。これを快進撃と言わず何と言おう。

アルゼンチン戦の勝利を喜ぶルカ・モドリッチとイバン・ラキティッチ photo by Sano Miki しかし、クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督によると、決して驚くような結果ではないらしい。彼はW杯が始まる前から、こうなることを予測していたという。

「我々のW杯は今から始まる。これまでやってきたことは、すでに取るに足らないことだ。デンマーク戦では決して驕(おご)らず、ベストを尽くす必要がある。すべては勝利するためだ」

 クロアチアの飛躍は、ダリッチが代表監督の座に就いたときから始まった。

 2017年の秋。佳境に入ったW杯予選で、クロアチアはトルコに敗れ、フィンランドに引き分け、敗退の危機に直面していた。最終節のウクライナ戦には、どうしても勝たなければならない。そこでクロアチアサッカー協会が打った手が、アンテ・チャチッチ前監督の解任と、ダリッチの抜擢だった。

 この人事が大当たりした。ダリッチは着任2日後に行なわれたアウェーのウクライナ戦で0-2の勝利を収めて2位を確保すると、その後のプレーオフではギリシャを下し、見事W杯行きのチケットを手にしてみせた。その後、彼はこれと思う選手を集めて自分のチームを作り、落ち着いてプレーできる環境と信頼を選手たちに与えた。

 前任のチャチッチがディナモ・ザグレブのようなクロアチア国内のビッグクラブを率いたことがあったのに対し、ダリッチはこれまでほとんど中東のチームばかりを率いていた。とはいえ、2006年から2011年まで、クロアチアU-21代表のコーチを務めており、すでに多くの選手を知っていたことが大きかった。