2018.05.25

CL決勝を待ちきれない3人が、
ジダンとクロップの戦術を夜通し語る

蹴球最前線――ワールドフットボール観戦術―― vol.22

 2017-2018シーズンも最高峰の戦いが繰り広げられた欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。

 今回のテーマは、いよいよ5月26日(現地時間)キックオフのチャンピオンズリーグ(CL)決勝のプレビュー。2連覇中のレアル・マドリーと、2004-2005シーズン以来の優勝を狙うリバプール。注目の対戦での監督の采配、フォーメーション、ロナウドとサラーの両エースの起用法などを、欧州通トリデンテ(スペイン語で三又の槍の意)が予測していきます。
連載記事一覧はこちら>>

CL決勝は両指揮官の采配にも注目が集まっている――さて、いよいよ今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が26日に迫ってきました。そこで今回は、キエフで開催されるレアル・マドリー対リバプールの一戦について、お三方にプレビューしていただきたいと思います。

倉敷 レアル・マドリーの3連覇なるか。偉大な一戦です。僕らこの時代のフットボールファンは歴史の証人になれる可能性がありますね。昨季、現在のチャンピオンズリーグのフォーマットになって初めて連覇を達成したクラブとなったマドリーが、大きな補強もなく、さらにその記録を伸ばす可能性を残している強さには驚かされます。

中山 ジネディーヌ・ジダン監督のすごさをあらためて感じます。彼の監督キャリアはマドリーがスタートで、にもかかわらず就任1年目から世界で最も難しいコンペティションであるCLで勝ち続けているわけですから、驚き以外の何物でもありません。選手としても別次元でしたが、監督としても別次元なのでしょうね。