2018.05.24

イニエスタがいなければ…。魔法使いが
神戸に去ったバルセロナの寂寞

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 スペインで、1枚の印象的な写真が報道された。

 バルセロナでの最後の夜。盛大なお別れセレモニーが終わった後、ヴィッセル神戸へ移籍するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、静寂に包まれたカンプ・ノウにひとり戻った。そしてセンターサークルに腰を下ろすと、22年を過ごしたバルセロナの選手としての最後の時間を噛みしめるかのように、物思いにふけっていた。その写真は翌日、各メディアに掲載された。

バルセロナでの最後の試合となったレアル・ソシエダ戦後、チームメイトに胴上げされるイニエスタ「いいか、シャビ。お前は俺を追い出すような選手になるだろう。けど、俺ら2人を追い出す選手が下部組織にいるよ」

 かつて現役時代のジョゼップ・グアルディオラは、シャビ・エルナンデスにこう言ったことがある。イニエスタが自分たちを超える選手になると予言した、あまりにも有名なフレーズだ。

 そしてこの3人が中心となり、バルセロナはその代名詞となる、世界のサッカーファンを虜(とりこ)にしたパスサッカーを構築した。ヨハン・クライフの標榜したバルセロナの攻撃サッカーを、よりスペクタクルなサッカーにブラッシュアップしたのがグアルディオラのチームであり、今でもそのサッカーを超えるものはないと言われている。

 だが、盛者必衰がサッカーの理(ことわり)だ。グアルディオラが監督を退任し、カルレス・プジョル、シャビという攻守の要となっていた生え抜きがチームを去ると、スペクタクルなサッカーは徐々に姿を消していった。チームはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールという攻撃的な選手を活かす、よりダイレクトなサッカーへと変貌していった。