2018.04.20

「毎年バイエルン優勝」のブンデスで
飛び出したプレーオフ導入論とは?

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 欧州サッカー2017~18シーズンも終盤に入った。各国とも熾烈な優勝争いで盛り上がっていると言いたいところだが、ドイツ・ブンデスリーガでは早々にバイエルンの優勝が決まり、例年と同じく、むしろ白熱しているのは残留争いのほうだ。

 他の5大リーグを見ても、先週末はフランス・リーグ1ではパリ・サンジェルマンが、イングランド・プレミアリーグではマンチェスター・シティが2位に大差をつけて優勝を決めた。スペイン・リーガエスパニョーラもバルセロナの優勝が秒読み段階。こと優勝争いに限ればドラマは生まれず、予断を許さないのはイタリア・セリエAのユベントス(2位ナポリと勝ち点4差)ぐらいだろう。

前節は、すでに優勝を決めているバイエルンがボルシアMGに5-1と大勝した ドイツのメディアでは、年が明けたころから、そんな変わりばえしない状況を新鮮なものにできないかと、リーグ戦終了後に最終的な優勝を決めるためのプレーオフを行なう構想が論議されている。有識者や選手OBはおおむねプレーオフに否定的で、ただちに実現する見込みは低いが、それだけリーグ戦の終盤がつまらないと思っているファンが多いことがよくわかる。

 今季のブンデスリーガを振り返ると、序盤はドルトムントが先行した。第3節でバイエルンがホッフェンハイムに敗れたためだが、第9節まではドルトムントが首位に立っていた。だがその後、ドルトムントは序盤の好調が嘘のように調子を崩し、一時は8位にまで順位を落としてしまう(現在は4位)。

 それに対して、監督がカルロ・アンチェロッティからユップ・ハインケスに交代したバイエルンはシーズンを通して安定した戦いを見せた。リーグ後半戦はわずか1敗。チャンピオンズリーグでもベスト4に残っている。