2017.12.19

岡崎慎司、2ゴールの次戦にスタメン落ち。
不可解な扱いへの心境は?

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 レスター・シティの岡崎慎司が、またしてもベンチスタートを命じられた。

 前節のサウサンプトン戦で2ゴールを奪った岡崎は、4-1の大勝に大きく貢献した。英公共放送『BBC』の人気サッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』でも岡崎の特集が組まれ、英紙『デイリー・メール』ではMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれた。

前節で2ゴールを決めた岡崎慎司はまさかのスタメン落ちとなった それにもかかわらず、クロード・ピュエル監督は12月16日に行なわれたクリスタル・パレス戦で背番号20をスタメンから外した。試合前に配られるメンバーシートを確認したときは、正直、目を疑ってしまった。

 試合が始まると、不安は的中した。レスターの”エンジン”がかからないのだ。

 攻守両面でインテンシティが低く、のっぺりとした、メリハリのないパスワークを展開する。すると、今季リーグ戦で無得点の相手FWクリスティアン・ベンテケに初ゴールを献上。レスターが躍動感のないプレーを続けて前半を0-2で折り返すと、本拠地キング・パワー・スタジアムにはレスターサポーターのブーイングが鳴り響いた。

 あまりの不甲斐なさから、後半の頭から岡崎を投入するのではないか――。

 そんな考えが頭をよぎったが、ピュエル監督は前半と同じメンバーをピッチに送り出した。だが、岡崎の代わりにトップ下として先発したMFデマライ・グレイも、まったくと言っていいほど存在感を示せない。前節で先発を外れた影響か、アピール心が空回りして、悪癖である独りよがりのプレーばかりが目についた。