2017.12.16

岡崎慎司が吉田麻也との駆け引きに勝った
2点目。その詳細を2人が語る

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 12月13日に行なわれたサウサンプトンvs.レスター・シティ戦で、しびれるような駆け引きが展開されたのは後半なかばのことだった。

吉田麻也の守備を振り切って2ゴール目を決めた岡崎慎司 右センターバックとして先発したサウサンプトンの吉田麻也と、セカンドストライカーとして先発したレスターの岡崎慎司。3−1でレスターがリードして迎えた69分、プレミアリーグで戦うふたりの日本人プレーヤーがゴール前の最終局面で相まみえた。

 レスターのカウンターのチャンスに、FWジェイミー・バーディーが右サイドでボールをキープする。クロスボールを入れようとするバーディーと、ゴール前に走り込もうとする岡崎。このとき吉田は、自陣ゴール前へ下がりながら、首を左右に振ってバーディーと岡崎の位置取りを確認していた。すると、吉田がバーディーに視線を移した瞬間を、岡崎は見逃さなかった。

 スピードを一気に二段階上げてニアサイドに突っ込み、吉田の2歩先へ飛び出した。2シーズン半にわたってコンビを組んできたバーディーは、その岡崎の足もとに絶妙なクロスボールを供給。岡崎は右足で合わせてネットを揺らした。