2017.12.18

レアル・マドリードは呆れるほど強かった。
南米王者は手も足も出ず

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 レアルはやはりレアルだった。

 現地時間12月16日、UAEの首都アブダビでクラブW杯の決勝が行なわれ、ヨーロッパ王者にして前回王者のレアル・マドリード(スペイン)が、南米王者のグレミオ(ブラジル)を1-0で下し、大会史上初の連覇を果たした。

クラブW杯史上初の連覇を達成したレアル・マドリード スコアは最少得点差。だが、両チームの間に横たわる実力差は、少々のことでは埋めようのない大きな開きがあったと言ってもいい。

 両チームが準決勝を終えた段階で言えば、"まさか"の結果も起こりうるのではないか。そんな雰囲気は少なからず漂っていた。

 グレミオが鉄壁のディフェンスでパチューカ(メキシコ)を封じ、1-0で勝利したのに対し、レアルはアルジャジーラ(UAE)に2-1で勝ったものの、先制を許すなど大苦戦。0-1からの2失点目がオフサイドで取り消される幸運がなければ、"超"のつく大波乱が起きていた可能性は高い。

 しかも、今季のレアルはUEFAチャンピオンズリーグではトッテナム(イングランド)にグループリーグの首位通過を譲り、国内リーグ(リーガ・エスパニョーラ)でも4位に低迷。宿敵・バルセロナはおろか、アトレティコ・マドリード、バレンシアにまで後れを取っている。現行の制度になってから、CL史上初の連覇を成し遂げた"白い巨人"と言えども、今季に限っては絶対的な強さを備えていないことは明らかだった。

 だからこそ、グレミオが堅守を築き、スコアレスのまま終盤までもつれるようなら......、試合前にはそんな予感が漂っていたのだ。