2017.12.08

困ったぞ、ハリル。ポーランドは弱点の
守備もテコ入れ、監督も人格者

  • 遠藤孝輔●取材・文 text by Endo Kosuke
  • photo by AFLO

W杯グループHの対戦国研究(3)~ポーランド

「ポーランド」。現地での呼び方はポルスカ。首都ワルシャワの発音には濁点(だくてん)がつく。カナ表記するなら「ヴァルシャヴァ」になるか。国土は日本の本州と北海道をちょうど足したくらいの面積で、人口は日本の3分の1にも満たない約3800万人。アウシュヴィッツ強制収容所があまりにも有名だが、多くの日本人にはとにかく馴染みの薄い国だろう。日本だけでなく、世界中にはかの東欧革命から30年近くを経ても、ポーランドは共産主義と誤認している人もいるようだ。

「対戦国研究(1)コロンビア」はこちら>>>
「対戦国研究(2)セネガル」はこちら>>>

レバンドフスキ(左から2番目)を軸とするポーランド攻撃陣は強力 そうしたイメージを変えるべく、現地の旅行代理店『ディスカバー・クラクフ』は今年7月、自社のウェブサイト上で「ポーランド人が有名にしたい7つのこと」を紹介した。

 ひとつ目は「美しい女性たち」、ふたつ目は「美味しい食事」、3つ目は「多様性のあるアルコール文化」……。なるほど、さすがは旅行代理店だ。筆者のような30代独身男にとっては、これだけで十分に訪れる動機になってしまう。

 戯言(ざれごと)はさておき、驚かされたのは5つ目の「Amazing Football Team」。そう、ロシア・ワールドカップで日本代表と同組になったポーランド代表を、自国の誇りのひとつに挙げているのだ。その紹介文の要約は以下のとおり。