2017.10.14

ほぼ同成績でプレミアを並走。
今季はマンチェスター2強の一騎打ちか

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

 ジョゼップ・グアルディオラとジョゼ・モウリーニョ。2人の名将に率いられたマンチェスターの両雄が、混戦の予想されたプレミアリーグの上位争いで早くも後続を突き放している。

リーグ再開後のグアルディオラとモウリーニョの采配に注目が集まる 現在、7試合を消化したリーグ戦でマンチェスター・シティが勝ち点19で1位、マンチェスター・ユナイテッドが同じく勝ち点19で2位に並ぶ。共に6勝1分、得点は前者が22、後者が21、失点はどちらもたったの2のみ。わずかに得点1の差で並走する両チームが、3位のトッテナム・ホットスパーには勝ち点5差をつけている。

 開幕前の優勝予想でシティに人気が集まったのは事実だ。しかし、上記3チームに加え、王者チェルシー、リバプール、アーセナル、そして大型補強を敢行した昨季7位のエバートンがしのぎを削るのではないかと期待されていた。”カネと人材”が集まる、世界で最も豊かな国内リーグには、緊迫したハイレベルな競争があってしかるべき。そう考えるファンも多かったはずだが、これまでのところ、水色と赤のマンチェスターの勢いは圧倒的だ。

 シティは出だしこそ緩やかだったが、9月上旬にリバプールを5-0で下すと、そこからプレミアとチャンピオンズリーグで6試合連続の無失点勝利を記録。そのうち4試合で4ゴール以上を決めている。ただ、その真価を発揮したのは、インターナショナルウィーク直前のチェルシー戦だったように思える。