2017.10.02

大迫勇也、今季初ゴール。絶不調の
ケルンに後ろ髪を引かれつつ日本へ

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ピサーロという大物が加入したことで、チーム作りのうえでも前線のコンビネーション醸成のうえでも、このインターナショナルマッチウィークは重要なものになる。

「チームがこういう状況なので、出ていくのは本当にチームには申し訳ないですけど、(代表で)試合をする以上は、しっかりとした気持ちとコンディションで臨みたいと思います」

 いつもの大迫であれば、代表に合流する晴れがましさを感じさせてくれるのだが、このときは複雑な表情にも見えた。傍から見ると、すでに日本代表はW杯出場を決めており、親善試合のために合流する必要があるのだろうかと思ってしまうが、その点に関しては大迫に選択権はない。クラブと代表の関係についても、あらためて考えさせられたケルンの現状である。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事