2017.10.03

決定機で外し、悔しがる岡崎慎司。
代表ウィークは「休養」でリセット

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 レスター・シティにとっても、岡崎慎司にとっても、最後までチグハグな試合だった。

 9月30日に行なわれたプレミアリーグ第7節、ボーンマスvs.レスター戦。公式戦で2試合連続ゴール中の岡崎は2トップの一角として先発した。ところが、この日のレスターは歯車が噛み合わない。得意のプレッシングサッカーが機能せず、立ち上がりからボーンマスの猛攻を受けた。

チャンスでゴールを奪えずに悔しがる岡崎慎司 そのなかで、岡崎も大きな存在感を示せなかった。FWジェイミー・バーディーと一緒にプレスをかけようとするも、うまくかわされてしまう。そして、中央に陣取るバーディーと岡崎がプレスをかけにくい、敵のサイドバックから攻撃を組み立てられてしまった。岡崎は言う。

「いつも通りやるつもりだったんですけど、相手チームのボランチのふたりが互いに出たり入ったりしてきて。そのボランチのところで自分たちがインターセプトを狙ってという感じだったんですけど、今日はあそこで収められてしまった。しんどかったですね」

 レスターは全体的に動きが重く、パスもうまく回らない。攻守両面でリズムをつくれず、ボーンマスの攻勢が目立つ内容で試合は進んだ。

 苛立ちは選手からも伝わってきた。17分にはリターンパスを送れない味方に、岡崎が両腕を広げて「なんで?」とジェスチャー。53分には最前線のバーディーが中盤以下の味方に対し、「もっと押し上げてプレスに行け」と身振り手振りで鼓舞していた。いつ失点してもおかしくない試合展開のなか、岡崎自身もなかなかチャンスに絡めなかった。