ケルン大迫勇也が語る。「代表に
呼ばれない間は家族旅行に行っていた」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格●写真 photo by Chiba Itaru

――代表に復帰して、そういう旅行はできなくなりますね。

「いいことじゃないですか。代表も代表で、ブンデスリーガとは違う緊張感がある。試合に対しての緊張感が好きなので、それをまた味わえるのもいいですね」

――代表戦には代表戦のよさがある?

「負けたら終わりとか、そういう試合がある。そういう試合が好きなので。やりがいがあるっていう感じかな。あと、国と国が戦うから、いろいろなサッカーするチームがあって、楽しいですよね」

――11月は久しぶりの代表戦で2得点しました。

「ピッチの中でやることはケルンと変わらない。戦うこと第一でやります。フォワードは相手のディフェンスとどれだけ戦って勝てるかだと思う。もう今、うまくやろうとしてないです。大事なのは戦うことかな。きれいにしようとはしてないです」

――大迫選手のキープ力はひときわ光っていました。

「こっちでやっていると、そこはみんなそうだと思う。こっちのディフェンダー相手にやっているように、普通にいつも通りやれば大丈夫だろうという思いがある」

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る