2016.05.13

番記者に聞く。「なぜミランは今季もこんなにグダグダなのか」

  • 宮崎隆司●取材・構成 text by Miyazaki Takashi photo by Getty Images

第37節を終え、ミランは7位に転落。6位サッスオーロとの勝ち点差は1とはいえ、残り試合も1。イタリア杯決勝(対ユベントス)を残すものの、リーグ戦でヨーロッパ・リーグ(EL)出場権圏内の5位になることは不可能になった。その厳しい現状について、20年以上ミランを見続けている番記者、クリスティアーノ・ルイウはどのように見ているのか?

名門ミランは今シーズンも上位に浮上できなかった――今季のミランについて、どのように考えていますか。

 残念ながらポジティブではない出来事があまりにも多過ぎる。順に話をしていたら時間がいくらあっても足りないので、まずは今季のミランを語るうえで重要な事柄から話したい。

 第32節ホームでのユベントス戦(4月9日)を1−2で落とした後、ミランはミハイロヴィッチ監督を解任した。それは論理性のかけらもない"狂気の沙汰"だ。敗れたとはいえ、相手は圧倒的な強さのユベントス。その実力は、雲泥の差がある。しかし、その試合でミランはミハイロヴィッチのもとで一丸となっていた。その戦う姿勢こそファンが強く求めていたものであり、プレーの質も決して悪くはなかった。

 加えて、第32節を終えた時点で、ミランは単独6位。ユベントス戦以降の相手は、不振にあえぐサンプドリア(第33節)、B降格候補のカルピ(第34節)、B降格となるヴェローナ(第35節)、そして同じくB降格となるフロジノーネ(第36節)だった。