2016.05.14

岡崎慎司の記録達成なるか? チェルシー対レスターは因縁だらけ!

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi  データ提供●opta data by opta photo by Getty Images

プレミアリーグプレビュー/最終節:チェルシー対レスター・シティ

 今シーズンのプレミアリーグ開幕前、大手ブックメーカーの優勝予想で5000倍がつけられていた"ありえないタイトル"を獲得したレスター・シティ。

シーズン途中交代最多記録達成に注目が集まる岡崎慎司「プレミアリーグの優勝を決めた今、人々は私がしてきたことをポジティブに評価してくれるはずだ」

 レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は、チェルシーとの最終節を前にそう語ったが、彼を迎えるホームチームのロシア人オーナーは居心地の悪さを感じているかもしれない。

 2003年にチェルシーを買収したロマン・アブラモビッチは、当時の指揮官ラニエリが、リーグ戦では過去49年で最高となる2位でフィニッシュし、チャンピオンズリーグではベスト4に残ったにもかかわらず、そのシーズン終了後に解任していたのだ。

 因縁は選手にもある。レスターのMFアンディ・キングは9歳からチェルシーの下部組織に加入していたが、ラニエリと同様にアブラモビッチの"ロシア革命"の犠牲となり、同じく2004年に放出されてレスターのアカデミーに移っている。