2016.03.16

風邪でしんどい岡崎慎司が決めた
「忘れられない」スーパーゴール

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

「風邪でむっちゃ、しんどかったんです。でも、こういうときに点を獲ると思ったんで、チームに内緒にしていたんです。点を獲ってから、『ちょっと風邪だった』って言いました。(風邪を引いたのは?)昨日です。そんなにひどくなく、言わなくてもいい程度だった。(試合を)したらちょっとひどくなった。しんどかったんで、代えてくれと思ってた」

 ストライカーとしての仕事はまっとうした岡崎だが、放ったシュートは決勝点の1本のみ。苦戦を強いられたのはチームも一緒で、レスター全体としても枠内シュートはこの1本だけだった。しかも、いつものレスターに比べると守備が軽く、サイドをうまく使われて決定的なチャンスを何度か許した。

 それだけにラニエリ監督も、「アストンビラ戦やWBA戦のほうが内容は良かったが、2試合とも引き分けで終えた。今日は厳しい試合になったが、勝利して3ポイントを獲得した。この時期の3ポイントはとても重要だ」と、苦戦のなかでもぎとった勝利に確かな手応えをつかんでいた。

 そのラニエリは、「ファンタスティックなゴール」と岡崎を褒めながらも、「シンジはチームの一部で、彼はいつもハードワークする。今日は得点を決めたが、シーズンを通して素晴らしい仕事をしている」と、岡崎の見えにくい貢献をしっかり評価しているとも述べた。