2016.03.08

途中交代にも冷静な岡崎慎司。
理由は「初めての優勝争い」だから

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by Getty Images

 レスター・シティのFW岡崎慎司は、前半だけで交代を命じられた。3月5日に行なわれたワトフォード戦で9試合連続となる先発出場を果たすも、大きな見せ場のないまま、45分間でMFアンディ・キングと交代。その後、チームは得点を挙げて1-0で勝利した。

9試合連続で先発出場を果たした岡崎慎司 試合後、クラウディオ・ラニエリ監督は交代策について、次のように説明した。

「前半は、中盤中央の位置でワトフォードが数的優位に立っていた。彼らは中央に人数をかけてきたが、我々は(MFエンゴロ・)カンテと(MFダニー・)ドリンクウォーターしかおらず、大いに苦しんだ。ふたりを助けるため、3人目のセントラルMF(アンディ・キング)を投入した」

 ワトフォードの布陣は4-3-2-1。「中盤底の3ボランチ」+「攻撃的MFの2枚」が中盤の中央寄りでプレーする場面が多く、レスターはその位置で数的不利に陥った。なかなかボールを前方へ運べず、苦しい試合展開を強いられた。

 そこで、ラニエリ監督はハーフタイムに修正を施す。4-4-2の2トップ一角に入った岡崎を下げ、セントラルMFのキングを投入したのだ。この策が、見事に功を奏す――。4-1-4-1にシステムをチェンジしたことで中盤が安定し、プレスの威力も増した。勢いに乗ったレスターは、MFリヤド・マフレズの技ありのゴールで先制。ラニエリ監督のシステムチェンジが、レスターに勝利を呼び込んだ。