2016.02.17

岡崎慎司は言う。「献身的という
褒め言葉ほど危険なものはない」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 ただ、「守備は頭に入れていなくてもできるので、ほとんど攻撃のことしか考えていない」との言葉から、岡崎の頭のよさを改めて感じた。

 自陣まで引いて味方をサポートするか、あるいは前からガツガツとプレスに行くか――。そのあたりの状況判断がいつも的確で、迷いや誤りが一切見られないからだ。試合と周囲の状況が、正確に見えている証拠だろう。報道によれば、日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督が「あれほどチームのために働くFWはいない」と語ったらしいが、アーセナル戦の岡崎は、まさにその言葉どおりの動きを見せていた。

 だが、それだけで満足はしない。「ゴールを獲る部分で認められたい。ゴールを獲らなきゃ、もうひとつ上のレベルには行けない。そこに行きたいですね」と岡崎は語る。

 前線からの守備は、できて当たり前。さらに、ゴールを挙げることで付加価値をつけていく――。岡崎慎司は、そんな青写真を描いている。


海外サッカー記事一覧>

関連記事