2016.02.17

岡崎慎司は言う。「献身的という
褒め言葉ほど危険なものはない」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 退場者が出ていなければ......。そう感じたサッカーファンは、少なくなかったはずだ。

 2月14日に行なわれたアーセナル(3位)対レスター・シティ(1位)の頂上決戦。緊張感あふれる好ゲームになったが、54分に起きたDFダニー・シンプソン(レスター)の退場処分が転機となった。

岡崎慎司はアーセナル戦でもゴールを挙げることができず それまでは、レスターが1-0でリード。しかし、シンプソンの退場から形勢が逆転し、防戦一方となったレスターは後半ロスタイムに逆転ゴールを許した。勝負の世界に「たら・れば」は禁物だが、主審が厳しい判定で2枚目の警告を出していなければ、結果はまた違っていたかもしれない。レスターにとっては悔やまれる退場処分――そして敗戦だった。

 退場の影響を受けたのは、岡崎慎司も一緒である。ひとり少なくなったことで、戦術的理由から61分に交代。劇的な逆転弾を許しての敗戦について、「チームに響くと思うが......」と認めながらも、前向きに言葉をつないだ。

「(次の試合まで)2週間空くので、忘れられると思う。もう1回、ここからスタートできる。ここで負けたのは、正直そんなに問題ではない。次(第27節・ノリッジ戦)の試合のほうが大事かなと。リバプール、マンチェスター・シティ、アーセナルとの3戦のどこかで、負けや引き分けがあると思っていた。この3試合で勝ち点5を取れればと考えていたけど、実際は6ポイント取れたんですから」