2015.09.22

ドルトムント開幕5連勝。
香川真司が語る「ふたつの攻撃パターン」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ドルトムントが好調を維持している。レバークーゼン(昨季4位)を3-0で破り、公式戦11連勝、ブンデスでは開幕から5連勝。11連勝には香川真司が「数に入れていない」と言うヨーロッパリーグ(EL)3回戦とプレーオフ、ドイツ杯1回戦が含まれている。だがリーグ戦の5連勝はそれなりに誇れる数字だ。

 例えば、ドルトムントが2連覇を果たした最初の2010‐11シーズンは、開幕戦でレバークーゼンに敗れている(その後、7連勝を遂げた)。続く11‐12シーズンは、第2節でホッフェンハイムに敗れている。最終的にバイエルンを圧倒的に引き離したように見えたシーズンも、開幕5試合を見ると2勝2敗1分と、出だしには苦しんでいた。クロップ前監督が率いて3シーズン目と4シーズン目の話である。

レバークーゼン戦に出場、1ゴール1アシストを記録した香川真司 今季はメンバーの大幅な入れ替えはなかったとはいえ、監督を交代して迎えたシーズンだ。しかもクロップはクラブ躍進の象徴であり、シンプルに人気者でもあった。顔と言えるその存在を失って迎えた今季の好調ぶりは、あらためて評価に値するはずだ。

 好調の理由を分析すると、既存の選手だけでなく、新加入選手がうまくフィットしているというのが最大の特徴だろう。新加入でスタメンをつかんだのはGKビュルキとボランチのヴァイグル。彼らがストライカーのような個の力でどうにかするポジションではなく、連係が重要なポジションでフィットしていることに意味がある。