2015.09.22

岡崎慎司がプレミアで模索する「新しいストライカー像」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by Getty Images

 ひとつ前に進んだと思ったら、また違う壁が現れる──。岡崎慎司の「プレミア挑戦」をひと言で要約すれば、そんな言葉で言い表せる。

数少ないチャンスからゴールを積極的に狙う岡崎慎司 これまで幾多の日本人選手が挑戦してきたプレミアリーグだが、「アタッカーとして成功した」と断言できる選手は、いないと言っていい。理由はいくつも考えられるが、わかりやすい要因としてよく挙げられるのは、欧州の選手に比べてフィジカルで劣る日本人が「当たりの激しさ」と「展開の速さ」を苦手としている点である。ボールを保持すれば、身体をガツンとぶつけられてロストしてしまう。あるいは、展開の速さに戸惑い、試合にうまく入り込めない。これらの問題が大きな壁となり、才能を発揮できないまま英国を後にした選手は少なくない。

 イングランドでプレーを始めて約1カ月が経過した岡崎も、プレミアリーグ特有といえるプレースタイルの難しさを肌で感じているようだ。攻守両面における激しさはもちろん、ライバルたちが持つ「絶対的な個の力」も、そのひとつだという。レスターの背番号20(岡崎)はこう語る。

「(プレミアリーグには特徴が)突出している選手ばかりじゃないですか。ドリブルに自信を持っている選手がいたりして、(その能力も)飛び抜けている選手が多い。(今節対戦した)ストークのジェルダン・シャキリ(スイス代表MF)もそうだけど、『どんだけドリブルで行くねん!』っていう選手は多い。みんな自分の形を持っている」