2014.05.18

「守備的MF」とは名ばかり。W杯を席巻するピッチ上の監督たち

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

欧州サッカーの旗手たち(4)~守備的ミッドフィルダー編

 かつての「10番」像はすっかり崩壊した。2トップは激減。それとともに2トップ下というポジションも激減した。2トップ下の総称だった10番、司令塔、ゲームメーカー、ファンタジスタは、1トップ下には合致しない表現になる。彼らは、布陣の変化に伴い、キャラクターを変えざるを得なくなった。

 では、ゲームメーカーはどこに行ってしまったのか。中盤の3人がVの字型に構える4-3-3の場合は、比較的分かりやすい。Vの字の左右の頂点を務める選手になる。バルサにおけるイニエスタやシャビのポジションだ。

 とはいえ、彼らはかつての10番タイプより、相手ボールに対して敏感に反応する。より「中盤的」だ。攻守を50対50に近い感じでプレイする。

CL決勝での活躍も注目されるコケ(アトレティコ・マドリード) かつてのゲームメーカーはそうではなかった。80対20。相手ボールを奪い返す意識は希薄だった。つまり、かつてのゲームメーカーとは、マイボール時のゲームメーカーであって、試合全体のゲームメーカーではなかった。

 司令塔もしかり。攻撃の司令塔だった。全体の司令塔ではなかった。サッカーは基本的に相手ボール50、マイボール50の関係にあるスポーツ。マイボール時しか司令できない司令塔は、サッカーの概念はもとより、司令塔本来の意味からもかけ離れている。