永井秀樹に聞いた「なぜイニエスタは移籍した?」「マタはなぜ出場10分で退団?」「ヴェルディのJ1昇格、どう思う?」

  • 戸塚 啓●取材・文 text by Totsuka Kei

ヴィッセル神戸スポーツダイレクター
永井秀樹インタビュー後編

◆永井秀樹・前編>>「始まりは去年の最終節」「黄金期のヴェルディに似ている」

 ヴィッセル神戸のJ1初優勝に大きく貢献した永井秀樹スポーツダイレクター(SD)。大迫勇也、山口蛍、酒井高徳、武藤嘉紀ら実力者たちを束ね、同時に本多勇喜や山川哲史などの才能を開花させるなど、手腕の光る仕事を成し遂げた。

 その一方で、チームの顔だったアンドレス・イニエスタ(現エミレーツ・クラブ)の移籍や、10分間のみの出場に終わったフアン・マタの退団など、チームを統括する立場として気になる点もある。どのような心境だったのか、ストレートに聞いた。

   ※   ※   ※   ※   ※

引退セレモニーでの三木谷浩史オーナー(左)イニエスタ(右)photo by AFLO引退セレモニーでの三木谷浩史オーナー(左)イニエスタ(右)photo by AFLOこの記事に関連する写真を見る── 永井秀樹SDは現役時代にヴェルディ川崎、清水エスパルス、横浜フリューゲルス、横浜F・マリノスで、Jリーグの3大タイトルを獲得しました。フロントスタッフとしては初めてのタイトル獲得になりますが、どのような気持ちが沸き上がりましたか?

「現役時代の自分は、優勝して泣いたことがなかったんです。フリューゲルスにとって最後の試合となった天皇杯決勝でも、涙は出なかった。えっ、みんな、何で泣いているの、という感じで」

── プロ入り前から(中学、高校時に)日本一になってきましたから、優勝することが特別ではないキャリアでした。

「でも、今回は違いました。年齢的なものもあるのでしょうが、泣けましたねえ......優勝が決まった試合を三木谷(浩史)オーナーと見ていて、その横顔を見た時は。ピッチへ降りて選手たちとハグした時も。でも、一番泣けたのは、ファン・サポーターの方との関わりで......」

── と、言うと?

「優勝を決めたあとにホーム最終戦のセレモニーがあって、ファン・サポーターのみなさんにピッチに入ってもらい、選手、スタッフとハイタッチをしたんです。

 僕はヴィッセルへの入り方で、ファン・サポーターのみなさんにご迷惑とご心配をおかけしたので、自分がやっていいのかな......というのがあったんです。ハイタッチは遠慮して頭を下げてお礼をしたほうがいいかなと思ったんですが、小さいお子さんやお父さん、お母さんから『SD、ありがとう』と言ってもらいまして。涙をこらえるのが大変でした」

1 / 4

プロフィール

  • 戸塚 啓

    戸塚 啓 (とつか・けい)

    スポーツライター。 1968年生まれ、神奈川県出身。法政大学法学部卒。サッカー専誌記者を経てフリーに。サッカーワールドカップは1998年より7大会連続取材。サッカーJ2大宮アルディージャオフィシャルライター、ラグビーリーグワン東芝ブレイブルーパス東京契約ライター。近著に『JFAの挑戦-コロナと戦う日本サッカー』(小学館)

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る