2022.04.25

首位・川崎フロンターレと最下位・ヴィッセル神戸。Jリーグ序盤戦、福田正博が「明暗の理由」を分析

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Sano Miki

福田正博 フットボール原論

■J1は序盤戦が終了しようとしている。現在4チームがACL(AFCチャンピオンズリーグ)を戦っているが、そのなかでここまで対照的な流れとなったのが、J1で 首位に立っている川崎フロンターレと最下位に低迷しているヴィッセル神戸だ。福田正博氏に、両チームの序盤の戦いぶりを振り返ってもらった。

勝負強さを発揮して首位に立っている川崎フロンターレ勝負強さを発揮して首位に立っている川崎フロンターレ この記事に関連する写真を見る

勝負強さで首位の川崎フロンターレ

 J1リーグは早くも全体の3分の1近くを終えたが、3連覇を狙う川崎フロンターレが首位に立ち、10戦未勝利のヴィッセル神戸が最下位に沈んでいる。

 両チームとも、4月15日から5月1日まで集中開催されているACLグループステージに臨んでいる。つまりどちらも昨季上位で今年は優勝を狙ってスタートしたはずだが、J1序盤戦の出来は、明暗が分かれてしまった。

 川崎は10試合を終えた時点での勝敗は6勝2分2敗で、得点15、失点12。昨季までリーグで屈指の最少失点だったチームが、すでに 2桁失点を許している。

 シーズン開幕直前に行なわれた、昨季J1王者と天皇杯優勝チームによるFUJI FILMスーパーカップで、川崎は浦和レッズに0-2で敗れた。3連覇に向かってスタートしていくなかで、シーズン最初の試合に敗れて気を引き締め直した部分があっただろう。J1開幕カードのFC東京戦は勝負強さを発揮し、レアンドロ・ダミアンの一発で1-0と勝利した。

 だが、続く昨季リーグ2位の横浜F・マリノス戦は2-4で敗戦。その後も勝ち星は積み重ねていくものの、内容で言えば昨季までのような圧倒的な強さはあまり見られなかった。3月6日のガンバ大阪戦は先制され、同点に追いつき、ふたたび勝ち越し弾を決められ、徳俵いっぱいのところ、レアンドロ・ダミアンのゴールで辛うじて引き分けに持ち込んでいる。