2022.03.01

「空気感が合っている」日本で成長を遂げたセルジ・サンペールが神戸をアジアの頂点に導く

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Jリーグ2022開幕特集
ヴィッセル神戸/セルジ・サンペールインタビュー

ヴィッセル神戸の攻守の要として奮闘するセルジ・サンペールヴィッセル神戸の攻守の要として奮闘するセルジ・サンペール この記事に関連する写真を見る  Jリーグでのキャリアも、今年で4シーズン目に突入したヴィッセル神戸のセルジ・サンペール。2019年3月の加入から過去3シーズンで出場したJ1リーグは82試合。なかでも昨シーズンは、アンカーのポジションを主戦場としてチームに不可欠な存在として輝きを見せ、自身最多の32試合のピッチに立った。

「昨シーズンは自信を持って楽しみながらプレーできた1年でしたし、これまでで一番いいシーズンを過ごせたと思っています。ヴィッセルに加入した当初はヨーロッパとは違うJリーグのプレー強度、戦い方に慣れるのに時間を要しましたが、ここ1〜2年はコーチ陣の信頼も得ながら、Jリーグの戦いをしっかり理解してプレーできています。

 僕はもともと選手のプレースタイルを分析するのが好きなこともあり、今ではJリーグでプレーするほとんどの選手の名前、プレースタイルを理解しています。それを試合のたびにしっかりと頭に入れて臨んでいることも、よりスムーズに自分のパフォーマンスを発揮できることにつながっているのだと思います」

 事実、昨年のサンペールは守備では抜群のポジショニングで相手の攻撃の芽を摘みとり、ボールを奪ったあとは、長短のパスを生かして攻撃の起点になるなど、攻守に存在感を示した。以前に比べて前線に顔を出す回数が増えたのも、特筆すべき変化だったと言える。

 彼自身もそうしたパフォーマンスが、クラブ史上最高順位となるリーグ3位という結果に直結したことに手応えを口にする。

「勝負を決めるうえで、チームとしての守備力はすごく重要な意味を持ちます。その部分で1年を通して安定感を保ち、大きく失点数を減らせたことは結果につながる大きな成果だったと思います。