2021.09.18

アビスパ福岡が鹿島戦で見せた高いクオリティーのゴール。目標達成まであと少し

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

Answer
中央の山岸へパスを入れ、最後はフアンマがシュート

 このフィニッシュの前のシーンから、福岡は見事だった。フアンマ・デルガドから山岸へのパスが鹿島の安西幸輝にカットされたが、山岸はすぐに切り替えて奪いに行った。そのこぼれ球を中村駿が拾い、サイドの金森に展開している。

杉本のスルーから中央の山岸へボールが入り、最後はファーのフアンマがフィニッシュ杉本のスルーから中央の山岸へボールが入り、最後はファーのフアンマがフィニッシュ この記事に関連する写真を見る  高い位置で奪い返したために、前線にファンマ、山岸、杉本太郎の3人が残ってカウンターを仕掛けることができた。今回はここがひとつのポイントとなった。

 右サイドで金森がルックアップしてまず動いたのが杉本だ。中央からハーフスペースに動き出して鹿島センターバック(CB)林尚輝を釣り出し、中央の空いたスペースで山岸はフリーとなった。そこへ金森からグラウンダーの鋭いパスが入り、杉本がスルーをして山岸の足元にボールが渡っている。

 この杉本の動きが楔となり、鹿島の守備陣は林、CBブエノ、サイドバック常本佳吾がスライドする必要に迫られた。

 山岸にボールが渡る時に、ブエノがスライドして対応した。だが、山岸はそのままシュート、中へ切り返してシュート、杉本へのパスと多くの選択肢を握っている。ブエノは寄せ切れず、動けなかった。

 そこをうまく利用して山岸がタメを作る間、常本が中へ絞り、ファーサイドのフアンマがフリーとなった。それを見てから山岸はフアンマへ丁寧なアシスト。

 トランジションからフィニッシュまで、福岡が非常に高いクオリティーで鹿島を崩し切った先制点だった。

関連記事