2021.07.31

サガン鳥栖の見事な攻撃。カウンターを成功させた小屋松知哉のプレーとは

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆サガン鳥栖、躍進の理由か。J2から移籍の頭脳的MFが中心となっている>>

Answer
浮き球を足元にトラップし、中へカットイン

 ボールを受ける前から、小屋松の動きが見事な一連のプレーだった。

小屋松は足元にボールを落とすトラップで一気に相手と正対。カットインからアシストを決めた小屋松は足元にボールを落とすトラップで一気に相手と正対。カットインからアシストを決めた この記事に関連する写真を見る  C大阪の丸橋が大久保へパスを送り、そのまま前線へオーバーラップを仕掛けたあと、小屋松は丸橋が空けたサイドのスペースに流れ、カウンターを狙っていた。

 それを見ていたエドゥアルドは、ワンタッチで浮き球のパスを送る。しかし、ボールは高く上がって滞空時間が長くなり、C大阪のセンターバック西尾隆矢が寄せる時間は十分にあった。

 事前に西尾の位置を見ていた小屋松は、後方からの浮き球を足元にトラップし西尾と正対した。

 このコントロールが決定的だった。西尾は小屋松が自分に背を向けてトラップか、スピードを生かして縦にコントロールすることを予測していたかもしれない。しかし、その場で一発で正面を向かれて懐に飛び込めず、小屋松に中へのカットインを許してしまった。

 一方、中央では酒井宣福をマークしていたチアゴが西尾のカバーに入るため、マークを松田陸に任せてスライドした。ただ、小屋松のこのプレーでチアゴの位置は中途半端になり、連動するはずの松田の中への絞りも遅れ、酒井は一瞬フリーとなった。

 そこへカットインした小屋松が鋭くパスを送り、酒井の先制点をアシスト。相手の隙を突くオフ・ザ・ボールの動きから絶妙なコントロール。小屋松の連続した好プレーが電光石火の先制点を生んだ。

関連記事