2021.07.01

江坂任が電撃移籍。サポーターをざわつかせたJリーグ衝撃の移籍10ケース

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 シーズンのおよそ半分を終えた今季Jリーグに、驚きのニュースが飛び込んできた。

 柏レイソルの江坂任が、浦和レッズへ移籍することが決まったのである。

 柏の10番を背負う江坂は、言うまでもなく、攻撃の中心的存在である。柏の攻撃のほとんどが彼を経由して進められる、と言っても大げさではない。しかも、江坂は今年3月に日本代表デビューを果たしたばかりで、今まさに旬な選手のひとりなのだ。

 そんな柏きってのスター選手が浦和へ、しかもシーズン途中で移籍したのだから、驚きのニュースという他ない。Jリーグ史に残る衝撃の移籍。そう表現してもいいだろう。

 最近では、各クラブの主力選手が夏の移籍で海を渡るケースは増えているが、国内での移籍となるとあまり例がない。柏のサポーターがショックなのは当然として、浦和のサポーターでさえ「本当に来るの!?」といった心境ではないだろうか。

シーズン中に柏レイソルから浦和レッズへと異例の移籍を果たした江坂任シーズン中に柏レイソルから浦和レッズへと異例の移籍を果たした江坂任 この記事に関連する写真を見る  Jリーグの歴史を振り返ると、サポーターに悲喜こもごもの衝撃を与えた移籍は、これまでにもあった。

 比較的記憶に新しいところでは、2017年に川崎フロンターレからFC東京へ移籍した大久保嘉人の例がある。

 大久保は、2013~2015年に前人未到の3年連続得点王を獲得。それまで海外クラブも含めて移籍を繰り返してきた大久保にとって、川崎は30歳を過ぎてようやく見つけた安住の地かと思われた。

 ところが、大久保は新たな挑戦の場を求めて移籍を決断。しかも移籍先が"多摩川クラシコ"のライバルというのも、大久保らしい選択だった。