2021.05.22

好調・浦和のゴールシーン。ボールに触れずに得点に絡む動きが光る

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆J1勢力図に大異変となるか。浦和、鹿島、柏...に早くも見え始めた「遅れて来た外国人」効果>>

Answer
一度ファーサイドへ膨らみ、CBを引きつけた

 崩しの形としては、非常にシンプルなゴールである。ただ、その一つ手前の武藤の駆け引きが巧みなシーンだった。

武藤はファーからニアへの動きで相手を引きつけ、スペースを空けた武藤はファーからニアへの動きで相手を引きつけ、スペースを空けた この記事に関連する写真を見る  ユンカーが、右サイドから逆サイドの明本へ大きくサイドチェンジのパスを出すところから、このチャンスは始まる。スペースに出されたパスに明本が猛然と駆けあがり、それに合わせて浦和はG大阪ゴールへと迫っていく。

 そのなかで中央の武藤は、ゴールに向かって走ろうというタイミングで、逆サイドの田中がトップスピードであがってくるのを確認すると、右斜め前の三浦弦太の方向へランニングコースを転換した。

 そしてペナルティーエリアに入るタイミングでニアサイドへ方向転換。この動きに三浦は釣り出された。これが武藤の狙いだ。

 次の瞬間、明本が左足で鋭いグラウンダーのクロスを、武藤が空けたファーサイドのスペースに入れる。そのボールを走り込んだ田中がダイレクトで押し込んで、追加点を決めた。

 ユンカーのサイドチェンジのパスから明本の質の高いクロスと、G大阪の昌子源を振り切った田中のランニングはすばらしかった。だが、それらをつなげた武藤の、スペースを空ける駆け引きのランニングが見事なシーンだった。

◆【動画】Jリーグ G大阪vs浦和ハイライト
(田中達也のゴールシーンは、2分35秒〜3分17秒)

関連記事