2021.05.24

ガンバ大阪、監督解任は効果なし。スタジアムに響く選手の「口喧嘩」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 対戦相手のFC東京にしても、前節の勝利でようやく泥沼の5連敗から脱したばかり。決して調子がいいとは言えない状態にあった。事実、立ち上がりに見せた迫力ある攻撃以外、それほど試合内容がよかったわけではない。

 いわば、勝負は紙一重。

 にもかかわらず、結果的にこうなってしまうあたりに、ガンバ大阪の現状が表われている。

 J1第15節、G大阪は0-1でFC東京に敗れた。G大阪はこれで4連敗。今季はまだ1勝しか挙げられず、1勝7敗4分けの勝ち点7で19位に沈んでいる。

FC東京に敗れて、がっくりと肩を落とすガンバ大阪の選手たちFC東京に敗れて、がっくりと肩を落とすガンバ大阪の選手たち  キャプテンのDF三浦弦太が力なく語る。

「立ち上がりすぐ(試合開始から1分経たず)の失点で、結果的にそれが負けにつながったのでもったいない。なかなか勝てていない状況で立ち上がりに失点し、バタバタして試合運びが難しかった」

 とりわけ深刻なのは、"ゴール欠乏症"である。これまで12試合での総得点はわずかに3。断然のJ1ワーストだ。

 この試合でも、失点後はむしろ攻勢に試合を進めることができていた。敵将の長谷川健太監督も、「相手の圧に押された。もっとアグレッシブに戦いたかった」と振り返っている。

 ところが、G大阪はボールこそ保持するものの、有効な打開策を見出せず、攻めあぐむシーンばかりを増やしての無得点。クラブ内で新型コロナウイルス感染の陽性者が発生したことで、他クラブに比べて消化試合数が少ないという事情はあるにしても、現状を物語る数字はかなり酷い。