2021.03.05

ガンバ宮本監督が目指す変化「2点目、3点目を狙える戦いをしたい」

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

ガンバ大阪
宮本恒靖監督インタビュー

 2月12日。沖縄キャンプ最終日の前日に取材に応じたガンバ大阪の宮本恒靖監督は、2週間弱のキャンプで積み上げたチームとしての"自信"を言葉に変えた。

「チームとしてどうボールを動かすのか、というところに対しての共通理解、意識を共有できたこと。また、新加入のMFチュ・セジョン(FCソウル→)のプレーを他の選手が理解して、チームとして取り入れられたこと。二次キャンプからは、FWレアンドロ・ペレイラ(サンフレッチェ広島→)やFWチアゴ・アウベス(サガン鳥栖→)が合流し、お互いを知る時間を作れたことも、プラスの要素だと思っています。

 彼ら2人もできるだけ早くコンディションの遅れを取り戻そうと、しっかりトレーニングに取り組んでくれていますし、少しずつ、体のキレやボールを蹴る力強さが出てきていました。

 ただ、チーム全体としては、ボールを奪う瞬間のイメージの共有や、ボールの動かし方、ポジショニングなどがよくなっている一方で、フィニッシュの回数やコンビネーション、ゴールネットを揺らすための作業は、まだまだ改善が必要だと感じています。フィニッシュに至る最後の崩しの局面でもっとイメージを共有して、相手ゴールに迫ることを求めたいし、個人の質もまだまだ上げていってもらいたいと思っています」

 そのなかでは4-3-3の新システムにも着手。今年最初の公式戦となった2月20日のFUJI XEROX SUPER CUPでも同システムでスタートを切り、時間帯によっては昨年とは違う攻撃の迫力を示した。

「内容として、新シーズンがスタートして取り組んできたものがたくさん出たのはよかったところだと思っています。ただ、相手(川崎フロンターレ)に上回られた瞬間があったのは事実で、そこは改善していく必要がありますし、いろんな基準が見えた試合になりました」