2021.03.04

「ヴェルディが大好き」井上潮音がヴィッセルへの移籍を決断したワケ

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

ヴィッセル神戸
井上潮音インタビュー

 今季、ヴィッセル神戸に完全移籍した井上潮音。小学校5年生から13年間にわたって在籍した東京ヴェルディを離れるという決断は、決して簡単ではなかったと言う。サッカー選手としてだけではなく、ひとりの人間としても成長させてもらったクラブへの愛着は深く、移籍に際して残した言葉からもそれは見て取れた。

「出て行く人間がこんなことを言っていいのかわかりませんが、僕はヴェルディが大好きです」

 それでも、井上は新天地でのプレーを求めた。

 理由は大きく分けて2つある。1つは、サッカーを始めた時から描く大きな目標、夢だった「ワールドカップに日本代表としてスタメンで出場すること」と「海外」に近づくため。そしてもう1つは、オファーをくれたのが幼少の頃から憧れ続けてきたアンドレス・イニエスタの在籍するヴィッセル神戸だったからだ。

「今回の話をいただいた時に、自分の将来的な目標や夢を改めて見つめ直し、かつ今年で24歳になるという自分の年齢を考えて、どうしても今、ヴェルディを離れるというチャレンジをしなければいけないと感じました。これまで僕はJ2では足元の巧さなどを評価してもらってきましたが、かといってJ1からバンバン声がかかるとか、日本代表に呼ばれるような選手ではなく、正直、このまま自分のキャリアはJ2で終わってしまうのかなって思ったこともありました。