2021.03.01

昌子源が語る昨季ガンバと遠藤保仁の移籍「いろんな面でダメージはあった」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

ガンバ大阪
昌子源インタビュー(前編)

 昨シーズンのガンバ大阪は、リーグ戦2位、天皇杯準優勝という結果を残した。2018年シーズンの途中から宮本恒靖監督が指揮を執り、リーグ戦で9位(2018年)、7位(2019年)と順位を上げ、3年目となる昨季はタイトル争いへの期待も膨らんでいた。苦しい時期もあったが、手堅く1点を守り抜くサッカーで上位争いを演じて、"新しいガンバ"を印象づけるシーズンとなった。

 そのチームで奮闘していたのが、DF昌子源だ。

 昨季、フランスのトゥールーズからガンバに移籍。右足首痛に悩まされながらも18試合に出場し、チームのディフェンスリーダーになっていった――。

――ガンバ大阪は昨季、2015年シーズンの年間2位以来、久しぶりにリーグ戦で2位という好成績を残すことができました。

「夏場に勝てない時期があったんですけど、その後、チームとして『やり直そうや』と原点に戻った結果、12戦負けなしという結果につながって、大きく崩れることがなかった。それが大きかったと思います」

 昨季のガンバは、確かに8月から9月中旬まで不安定な試合をしていた。しかしその後、個で負けない守備に磨きをかけて、勝ち星を重ねた。

――昨年は1点を取ったら、それを守り切るスタイルが特徴的でした。

「本来であれば、もっと得点を取って勝ちたいですよ。1-0とか緊迫した試合で勝つのもうれしいですけど、後ろで守っている身としては、2、3点取って勝ちたいという気持ちもありました」

――なかなか追加点が取れなかったイメージがあります。

「う~ん、よくも悪くもですけど、1点を大事にしすぎていたかなって思いますね。1点取ったら『これを守らないと』という思いが強すぎて、なかなか攻撃にいけていなかった。『1点勝っているんだし、取られても同点だから、2点目、3点目を取りにいこうや』という余裕みたいなものがなかった。あと、川崎フロンターレが勝ち点で飛び抜けていた影響もあったと思います」