2020.12.22

独自選考のJリーグ年間MVPと新人賞発表。川崎勢を抑えて選ばれたのは?

  • photo by Sano Miki

スポルティーバ厳選! Jリーグ年間MVP&新人賞

 スポルティーバ編集部が発表している、独自選考のJリーグMVP。今回はリーグを取材している識者5人に、年間MVPと新人賞を選んでもらった。MVPは5人、新人賞は3人を順位をつけて選んでもらい、合計ポイントで決定した(MVPは1位5ポイント、2位4ポイント......5位1ポイント/新人賞は1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント)。

シーズンを通して高い得点力を見せたオルンガがMVPに選ばれた 圧倒的な成績で優勝を決めた川崎フロンターレ勢が多く挙がったが、彼らを上回るインパクトを残したとしてMVPに選ばれたのは、柏レイソルのFWオルンガ。シーズンを通してゴールを量産しつづけた今季得点王に、各識者から賞賛の声が挙がった。また、新人賞は、セレッソ大阪のセンターバックとして高い能力を発揮した瀬古歩夢が獲得した。

オルンガ以外は、やはり川崎フロンターレ勢が上位を独占した それではここからは、各識者の選考順位と、その評価を紹介する。年間を通して活躍した選手のプレーぶりを振り返りたい。

<年間MVP>

オルンガはJリーグから失いたくない選手

杉山茂樹氏(スポーツライター)

1位 オルンガ(柏レイソル)
2位 チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)
3位 エヴェラウド(鹿島アントラーズ)
4位 マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)
5位 マテウス(名古屋グランパス)

 川崎から選びたかったが、特定の選手を挙げにくい、チームスポーツの理想を見るかのような優勝劇だったので、MVPはリーグ全体に枠を広げて選ぶことにした。

 となると、28ゴールを挙げ、得点王争いを独走したオルンガが浮上する。Jリーグにやってきた歴代の外国人選手のなかでも1、2を争う得点力。怪物だ。

 現在26歳。欧州のクラブから再び、いつ声が掛かっても不思議ではない可能性を秘めた選手。Jリーグから失いたくない貴重な選手でもある。

 2番手は優勝チームから出したい。GKチョン・ソンリョン。川崎が攻撃的サッカーを貫くことができるのも、最後尾に安心感をもたらしてくれるこの名GKがいるからだ。

 3番手はオルンガにつづき、得点ランクで2位になった鹿島のエヴェラウド。鹿島に久々に現れた本格派ストライカーだ。それでいて多機能的な面もある。監督にとって使い勝手のいい選手だ。

 4番手はC大阪の安定感抜群のCB、マテイ・ヨニッチ。今季のベストディフェンダーである。

 5番手は名古屋のマテウス。今季のJリーグは、この選手の動向が大きく影響した1年だった。横浜F・マリノスの昨季の優勝は、この左利きのウインガーを名古屋から獲得したためで、今季の低迷、そして名古屋の飛躍は、そのマテウスが古巣に戻ったことと関係が深い。